FC2ブログ
    手仕事の記録と日々雑記
    page top
    カワイイ系ミニトートバック
    今日はビックリするほど寒いです。
    日中の温度が10度を超えず、冷たい雨がかなりの強さで降りしきっているものだから、とうとうコタツをだしてPCをやってます。はあ、あったか~い(^^;

    昨日は「キャス風トート」のミニ版を作ってみました。
    101028c
    たて20cm×よこ30cm、マチ9cmです。
    タグは外ポケットに付けてみました。
    101028c2
    内布は淡いベージュのブロックチェックの綿麻キャンバス地です。
    薄い接着芯も貼りましたのでちょうどいい張り具合です^^
    この辺、皆30日のイベントに持っていくつもりなのですが
    なんと台風が来てますね。どうして今頃直撃コースで来るんじゃ!!
    ちょうど主催者側から連絡があり、多少の雨なら開催決行で、テントもすべて用意してくださるそうです。
    このイベント、第一弾が10/10だったのですが、雨で中止になっているんです。
    そちらに参加予定だった方たちが幾組か再出店されるそうで
    主催者側もなんとしても今回は開催させたいのでしょうね。
    (最初の予定ではテントは有料で一万円だったんですよ~。
    もちろん借りるつもりはなく、日よけにガーデンパラソルを持参するつもりでした・笑)

    とにかく開催できる程度にお天気がもってくれることを祈るばかりです
    スポンサーサイト
    page top
    リネンの通帳ケースとカワイイ系トート
    通帳ケースの三つ目です。
    101026t
    生地は先日届いたC&Sさんのリネンのセットを使ってみました。
    さすが良いものは手触りが違います。
    リネンの独特のぬめり感と光沢。すばらしいです。
    が! やっぱりこのクタリ感はちょっと苦手かも…
    アイロンがピシッとかからないとどうも気になるし
    わずかのゆがみを修正して作ろうとしていた小物に、クタクタ逃げていくリネンを使わなくてもよかったかも。もったいないですよね(^^;
    101026c2
    中のダンガリーもC&Sさんのものです。
    紙のようにパリパリで水通ししても変わりません。
    これは小物には向いているかも。
    全体としてはようやく問題なく仕上がりました^^
    最初に作った黒ギンガムのものはさっそく使っていますが、なかなか便利です。
    右のポケットには7,8冊の通帳が入りますし、東京都の昔ながらサイズの母子手帳ならすっぽり入ります。(横浜や川崎の無駄に大きい母子手帳は無理ですが。ウチは横浜でした)
    ファスナーの中は銀行で下ろしてきた現金を一時的に入れたり、色々使えます~。

    今日はかわいいけれど正統派の肩がけトートバックを作りました。
    101026tt2
    幅は45cmあります。テープに挟んだ外ポケットは意外と便利なんですよね。
    中はキルト芯を挟んであるのでしっかりフワフワです。
    底の綿キャンバス部分だけ接着芯も貼りました。
    派手で使い道に迷っていた綿キャンバス地ですが、こういうデザインだとこのくらい派手でもかわいいですね~。
    キャス風(笑)
    101026t3
    中のポケットは二分割。
    このバッグは生地を替えて自分用がほしくなりました^^
    page top
    通帳ケースの試作
    昨日から通帳ケースの試作を始めました。
    パターンはスタジオクリップさんです。
    101023t
    たくさんのパーツがわからなくならないようにか、色々な生地を組み合わせて作るようになっています。かわいいしわかりやすいので私もその通りにしました。
    パーツごとに中くらいの厚さの接着芯を貼ったりで作業工程が多いですね~。
    でも縫う距離が短く、意外と早く進みます。
    出来上がりはなかなかいい感じですが、いくつか疑問や問題点が。
    101023t2b
    ①ファスナーを開けると中は接着芯を貼ってあり縫い代がそのままむき出しの部分が丸見えです。カード入れの部分のように中を覗く場所でないならいいのですが、この場所だとちょっと気になります。
    101023t3
    こんな感じです~。

    ②ファスナーの右側は縫い代がそのまま表に出ているんです。
    ちょっとそれは(^^;なので急遽上からチロルテープを乗せてみました。
    ③本体を何度も二つ折りにしているうちにこの部分はどうしてもしわが目立ちます。
    無地じゃない生地を使った方がしわが目立たず良さそうですね~。
    ④このテープにボタンをかける形ですが、開け閉めがしづらいです。強引にやったらすぐボタンが取れそう←横着もの(笑)
    以上の四点を改善して作り直してみました。
    101023t4
    開け閉めはスナップボタンにしました。スマートになった気がします^^
    101023t5
    ここの部分の布はちょっと薄手のものにして、輪にして中に芯を挟みました。
    101023t6
    その他の問題点も解決していいんじゃな~い!?と思ったのですが、
    なんとなく全体的に曲がっているんです。平行四辺形ですね。
    チェックを多用して直線の目立つものを作ると、わずかのゆがみがものすごく気になります。
    その辺を今度はしっかり頭に入れて、もう一回作り直しです。がっくし…
    101023t7
    とりあえず最初の黒ギンガムの方は自分用にしようと思い、スナップに付け替えておきました。BWの方は母にでもらってもらおう(^^;
    page top
    納品とオーダー
    昨日は下北沢に納品に行ってきました。
    嬉しい事に先日納品したBW&紫小花のミニトートバックは早々にどなたかの所へお嫁入りしていましたので、今度はグラニーバッグを置いてきました。
    101021g
    下の綿麻小花ブーケの方です。
    下北沢に置くには少々大きいのですが、持ち手を折って何とか置くことが出来ました。あとはがま口とばねポーチです。

    そして帰ってからは、ずっとお待たせしていたオーダーのぺたんこバッグを作りました。
    101022p
    このオーダー主様のいつもの希望どおりのペタンコトートです。
    今回は「さし上げる方が小柄なので横長で。
    腕にかけて持つので持ち手は長くなくてもいい。シックに、でもかわいく…」とのことです。
    縦29横35、マチは5センチつまみました。とてもいいバランスに出来た気がします。
    101022p2
    内布に全部この花柄ではうるさい気がしたので、花柄は見返しと持ち手にだけにしました。その他とポケットはベージュのミニギンガム。ポケット位置がはっきりわかりやすくなり、この切り替えは結構好きです。気に入っていただけますように^^

    page top
    手作りマルシェ
    101019l
    昨日無事手作りマルシェを終えてきました。
    急遽妹にお手伝いに来てもらいました。
    とってもかわいいお店で、取り揃えられているお花も個性があってステキなものばかりです。

    101019i
    ラ・プティフルールスタッフの皆様、ありがとうございました。
    私の作品を手に取ってくださった皆様、本当にありがとうございました^^

    なんだか気が抜けてしまいましたが、そんなことは言っていられない(笑)
    こんどは30日にもう一つ地元でイベント参加が決まっているのです。

     <アート市inしんゆり・オリーブまつり2010>
     10月30日(土)
     小田急線新百合ヶ丘 新ゆりアートパークス(昭和音楽大学南校舎付近の公園)
     AM10:00~PM16:00
     昭和音楽大学の学園祭「昭和祭」と同時開催です。
     散歩に来るだけでも楽しそうなので、ご近所の方はぜひ足を運んでみてくださいね^^
    page top
    いよいよです
    おとといC&Sさんの布が無事届きました。
    しかし!なんだかんだと直前作業がまだ山積みなので、新規にバックを作るのはあきらめました。あせって間に合わせの作品になってしまうと嫌だし、なんだか失敗しそうなのです(笑)
    代わりに間違いなく出来るものを少し追加して、あとは事務作業です。
    101018b
    ブックカバーを追加です。
    とっても品のある、パープル系の花柄に紺の綿キャンバスをあわせて。
    101018b2
    裏地は花柄の邪魔をしないものと思い、薄いベージュのピンストライプにしました。
    栞は花柄にあわせて薄紫です。
    オリジナルのSHOP用紙タグも昨日つけましたよ~。
    フォトショップで写真加工、文字入れ、印刷、カットともう大変!
    値札タグもいるし、紐も切って穴を開けて通して… 丸一日作業でした。
    101018m
    でもワタシの名刺は友人が作ってくれたのです!
    もうバッチリわがままを聞いてもらって、かわいいのが出来たのです。
    Nさん、ありがとうね~~♪
    これとは別に、お店に置いて自由に持って行っていただくshopcardはフォトショップで自作しました。持って帰ってくださる方はいるのか(^^;

      ******************************************************

    今回はじめてのイベント参加です。それを記念しまして、プティフルールにご来店下さり、ワタシに「ブログ見てます」とお声をかけてくださった方に、プレゼントをさせていただきたいと思います。
    ほんの心ばかりの作品ですが、ぜひ受け取ってくださいね。
    たぶんいてもお一人かお二人だと思いますので(爆)6個だけご用意してます。
    ご来店お待ちしています

    東急東横線 大倉山駅徒歩2分
    花屋&カフェ プティフルール
    AM10:30~12:00

    良い天気になりますように…
    page top
    まだ作ります
    C&Sさんの布はまだきません。
    早く注文した人からどんどん送られているので、ギリギリまで迷っていた自分は遅いのは仕方ないですね。次からは初日にポチするぞ!

    ああ、これを作っていなかった、というものがありました。
    ブックカバーです。
    101015b
    以前自分用に作る際、細部に渡りこだわって、5回くらい作り直して出来上がったパターンなので、自分の中ではとっても使いやすい物となっています^^
    水玉とかBWはもう布がないと思っていたのですが、綿麻キャンバス地と組み合わせたら足りました^^
    水玉の表紙部分はペタンコトートに使ったかわいいタグの柄違いです。
    101015b5
    「雨上がりの水に映るのは青空と君の笑顔」だそうです(笑)
    タグの存在感が大きいので、レースなどは省き、ステッチを効かせました。
    101015b3
    黒ギンガムにはピンクのドットを組み合わせたお気に入りのパターンです。
    綿レースはもうあと20センチくらいしか残っていない、「昭和モダーン(?)」な大好きな花柄。誰のお気に入りにもなれなかったら自分で使っちゃいます^^
    101015b2
    中はこんな感じです。
    黒ギンガムとBWには表紙の見返し部分にタグをつけました。
    ブックカバーは後2、3個作りたいですね。あ、がま口も2、3個追加です♪
    page top
    ソレイアード
    イベントまであと一週間となりました!
    充分な数の作品が作れたかどうか微妙な所です。
    あとバッグをいくつかと思っているのですが、使いたい素材がまだ届かないのです。
    もともとイベントのために注文したわけではなかったC&Sさんの8月予約分。
    10月初旬から中旬発送となっていたのでもしかしたら間に合うかな、くらいに思っていたのです。でもこう涼しくなってくると冬物の生地でぜひバッグがほしくて… 注文したものの中にちょうど良いのがいくつかあるので、なんとなく待っている形になってしまいました。
    C&Sさんの予約注文は今回が初めてです。というかちょっと前までC&SさんもRRさんも何も知らなかったのです。RRさんの実店舗は実家から徒歩5分だというのに、ただの高い手芸洋品店だと思って入ったことが無いという情けなさ(^^; 
    私は浦島太郎か。
    ソーイングの素材はユザワヤかOkadayaですべてまかなっていました。
    充分といえば充分なのですが、ネットの素材屋さんの方が安かったり、
    オリジナル商品がステキだったり、世の中広いのね~といまさらながらしみじみ(笑)

    101013n
    そんなネットの素材屋さんで購入した「マリメッコ風」の大胆な花柄で斜め掛けバックを作るつもりでしたが、これは春になってからの方がよさそうで、もう少し待つことに。
    そしてその横のソレイアード。(ようやくタイトルの話になったぞ~)
    昔は特になんとも思わなかったのですよ、でも年のせいでしょうか。
    すごく素敵に見えてきたのです。まずハギレを購入して使ってみることに。
    う~ん!いい! 小物を仕立てると素材の良さがはっきりわかります。
    101013s
    布自体にすごく力があるし、すっかりとりこになってしまいました。
    ただこの布は商業利用が禁止なので自分で楽しむしかないのが残念です。
    はまったがま口作り、さらにソレイアードで大量生産して友人知人にもらってもらおう^^
    こんなことをやっている場合ではないのですが、なんでだろう、一息ついちゃってます(笑)

    page top
    しもきたに納品へ
    10日の日曜は昼前に雨が上がってから、「下北沢巧房」さんへ納品に行きました。
    101010n
    作ったばかりのがま口と、BWとリバティ風花柄で仕立てた、秋っぽい(?)ミニトートです。
    持ち手をアクリルテープにして、本体の花柄をテープにもたたいてみました。
    内布はベージュのブロックチェックのキルティング地なので、しっかりしていて薄めの6cmマチでも自立します。内ポケットもついてます。ボタンにループを引っ掛ける形で口が閉じます。
    タグはよく見えないと思いますが、とうとう手を出した東京アンティークさんのスタンプです。
    「心からハグを。ナチュラルな素材使いの手作りの暖かさをあなたに。」と言う文面。
    シンプルでいいです~。
    レンタルボックスで大きなバッグは置けないので、このくらいのミニトートが限界なのですが、小さなバッグって、意外と使うんですよね。
    ちょっと財布と携帯を持って…というシーンにも、あるいはイヌの散歩のお供にも♪
    無事お嫁に行ってくれますように。
    page top
    さらにがま口
    やっぱりはまりました。がま口。
    まず自分用に造ったがま口の底にマチをとってみました。
    101009g
    自立します。かなり下膨れだった部分がちょうどいい厚さの底部分になりました♪
    次に始めからダーツをとって作ったのがこれです。
    101009g2
    ダーツの位置でまるでマチを取ったようになります。かわいい~。
    ただ、表布・裏布各2枚、計8個もダーツを縫うのはかなり面倒です。
    がま口は簡単に作れる!と喜んでいたので。(←めんどくさがり人間(^^;)
    それにがま口って、ぺったんこでポケットにもバックにでも「するっ」と入る薄いものもいいんですよね。なので型紙を再度引きなおし、なるべく丸くかわいい形になるよう試作しました。
    二回作り直して、三回目でようやく納得の行く形になりました。
    101009g3
    うーん、いい感じかも^^
    この後、さらに二個作ってしまいました。
    がま口は座ったまま手縫いでちまちま作れるのが楽でいいですね。
    ミシンをかけられない時間も作業できるし、
    私はもともとが和裁の方の人間なので、機械より手縫いの方が楽なんですよ~。
    (といっても着物は二十年以上作っていないし、縫い方も忘れました^^;)
    今日作ったものをいくつか下北沢に持っていきたいと思います。

    © BARANEKOYA通信. all rights reserved.
    Page top
    FC2 BLOG