FC2ブログ
    手仕事の記録と日々雑記
    page top
    出雲一人旅/後編
    こちらの記事はハンドメイドではなく、管理人の旅行記(覚書)になります。
    興味のない方はスルーをお願いいたします m(_ _)m



    11月16日(木) 出雲二日目の朝

    昨晩はこの出雲地方に「夜半はところにより雪」という予報が出ていました。
    ホテルの窓から眺める外の景色は「絶対今外を歩きたくない」と思わせる強風が吹き荒れていて、目を覚ましたら雪景色かも、と思いましたが、朝は普通に晴れていました(笑)
    171116-5.jpg
    お世話になったホテルです

    ただ強風は相変わらずです。
    石見銀山って、強風の時は見学つらいのかなあ、と少し心配です。

    171116-4.jpg
    出雲大社を模したJR出雲市駅

    朝食を終え、チェックアウト前に少し付近を散策しました。
    その時、駅方面を見ると…
    171116-2.jpg

    JRの高架を不思議な深緑の列車が徐行しています。
    171116-1.jpg

    おおお~~~っ!! クルーズトレイン瑞風です!!
    今年運行を始めたばかりの超リッチな西日本周遊の寝台列車です。

    詳しくはこちら↓
    トワイライトエクスプレス 瑞風 HP

    図らずも本物を目撃し興奮してしまいました。
    まるで太平洋戦争時代に満州を走っていた満鉄のあじあ号をほうふつとさせるモスグリーンの車体。(本物を見たことはないけど)
    最前部は展望デッキです。一編成(一両でなく)の定員が最高34人。
    春と秋の季節運行で、一泊二日なら土日に山陰側か山陽側二種類のコース。
    二泊三日なら水・木・金で山陰山陽ぐるり一周。
    私が目撃したこの瑞風はぐるり一周タイプの物が宍道湖駅を出てしばらくしてこの出雲市駅を徐行通過する場面のようです。
    これからはこの瑞風や、少し前から走り出している九州を巡るななつ星のように
    高額のパック旅行でないと乗れない寝台車がふえるようです。
    瑞風も一年近く前に申し込んで抽選で当たらないと乗れないのです。
    それも豪華なツインルーム主体で、一人旅向きではないし
    観光先も決められているので、自由気ままに旅したい人間にとっては
    まず乗れそうもない代物で残念。
    ダイニングでのフルコースディナーは憧れますが(^^;
    でも関東では絶対のお目にかかれない車両です。
    ここで見ることができただけでも儲けものかもしれません。

    ホテルに戻り、荷作りをしてチェックアウト。
    その際にフロントに「今日の夕方まで大きな荷物だけもう一度預っていただくことは可能ですか?」と聞いてみたところ「大丈夫ですよ~(にっこり)」と言っていただけました。
    ありがとうございます。本当に助かりました^^


    世界遺産 石見銀山へ

    下りの山陽本線に乗り銀山行きのバスが出ている「大田市駅」に向かいます。
    171116-3.jpg
    窓の外は日本海。寒そうです。この時の気温は確か7度くらい。

    171116-6.jpg
    20分ほどで到着した大田市で10人ほどが降り
    その全員が「石見銀山行き」のバス停に集まりました(笑)
    駅の観光案内所の女性が地図をもってバス停まで来てくださり
    「何となくバスに乗れば行けるのだろう、くらいにしか考えていない観光客(自分)」にとてもありがたいアドバイスをくださいました。これは助かりました!ありがとうございました^^
    年配のご夫婦や歴女と思われる単独の若い女性数人など、
    いかにも平日客、という人々を乗せ、バスは石見銀山に向かいます。

    ここで初めて分かったこと。
    石見銀山は広大な山、麓の集落、代官所跡など、隅から隅まで巡ろうと思ったら一日かかる、あるいはそれ以上の遺跡なのでした。
    佐渡の金山へ以前行ったことのある自分がぼんやりと思い浮かべていたのは
    鉱山跡に観光客用の坑道を一部整備し、坑夫を模したマネキンが機械仕掛けで動き
    そばにはお土産屋さんと、採掘体験コーナーがある…

    そんな観光地でした。それなら1~2時間で回れるだろう。
    なら午後は宍道湖へ行って見ようかなあ、なんて甘かった!
    同乗していたご夫婦は「3時くらいまでに全部回れるかしら」などと言っていましたし。
    そうかあ。「ならば夜の寝台車の時間までここ石見銀山を回りつくそう」と決心します。
    宍道湖はまたの機会に…

    まずはバスの終点「石見銀山世界遺産センター」へ
    171116-8.jpg
    中は撮影禁止でした

    ここで銀山の歴史、採掘方法から銀の抽出作業やその他の基本的なことがすべて学べます。
    マネキンもいます。

    1.その昔は金より銀の方が価値があり、金に銀メッキをするくらいありがたがられていた。
    2.「IWAMI」の地名は世界中にとどろいていた。
     黄金の国ジパングではなく「銀山IWAMI」は外国の地図にも載っていたとの事。
    3.もともと自分で掘り出した銀の抗脈は自分のものとなり、家族総出で銀の採掘に当たっていた。
    まるで自分の山で採れるキノコは自分の物(笑)
    (後々はその地方の大名、幕府に管理されるようになるが、基本の生活は変わらない)


    すごいですねー。
    何となく関東の金鉱山(武田信玄の隠し金山)の話が身近にあるため
    昔の鉱山の抗夫=強制労働的な先入観もあるのですが
    とんでもなかったです。とても興味深かったです。


    世界センターエリアから11:55のバスで「銀山地区・大森の街並みエリア」に戻ります。
    先ほどは通りすぎてきた地区でバスだとほんの5分ほど。歩けますが遠いです(笑)
    大森地区にはレンタルサイクルがありますが、街並みをプラプラ歩きたいので借りませんでした。

    171116-7.jpg
    江戸情緒あふれる街並みが続きます。
    どのお宅も昔ながらの景観をとても大切にしていて
    クーラーの室外機の姿さえありません。

    171116-10.jpg
    石見の伝統お菓子のお店「げたのは」さん。
    素朴で安心安全な「その昔抗夫も食べてエネルギーにしていた」というお菓子はお土産に。

    171116-9.jpg
    商業施設では無いお宅でもこのセンス。
    赤く色着いた実物の枝を大甕にさらりと活けて…ステキです^^

    171116-15.jpg
    「理容館アラタ」さんでは店内が見られるようにか、扉が開いていました。
    この椅子!

    171116-11.jpg
    ポストがなければ郵便局とは気が付かなかった。
    ここで友人にはがきを出しました。

    171116-12.jpg
    小判型の石見銀山特製はがきです。
    郵便局の方にはとてもお世話になりました。ありがとうございました^^

    ゆっくり小一時間ほどかけて、代官所エリアまで移動。
    お昼時を過ぎお腹もペコペコ。ここで出雲そばをいただきました。
    171116-14.jpg
    この石見銀山の街並みは古民家カフェもお食事処も色々とあります。
    でも多くのお店は水・木が定休日だそうで、今回あまり選択肢がなかったのですが
    無事名物の出雲そばが食べられてよかったです。
    そばの実を殻ごと挽いて作る、栄養たっぷりな黒いおそばです。

    食事の後は「大森代官所跡」の石見銀山資料館に入りました。
    171116-16.jpg
    ここもゆっくり見学させていただきました。
    いやー、楽しいです^^

    時間は2時を回りました。
    あと見ていないのは肝心の「抗道」です。
    見学ができる一番近い坑道までは山道を歩いて45分だそう。
    坑道へ行く人はまず80%くらいが電動自転車をレンタルしていくようです。
    さてどうしよう。
    帰りのことを考えて、ここを4時のバスで出ればゆっくり寝台特急の時間に間に合う。
    4時の後はバスの時間と山陰本線が合わないので4時に乗るのはもう確定。
    二時間あれば歩いて往復しても大丈夫そうだなあ。
    自転車じゃあ時間があまって中途半端になるかな。
    歩いてもがんばれば30分で行けるんじゃない?(←無謀だった)
    なんて思い、歩くことにしました。

    山道といってもそんなに急ではなく、舗装もされていて歩きやすい。
    171116-17.jpg
    そしてタヌキ発見!(最近タヌキづいている)

    171116-18.jpg
    そして猫ダンゴも発見。自転車だったら見落としてるなあ。

    たまに同じく徒歩を選んだ方を抜いたりしましたが
    「もう歩くの嫌だ」「ここまで来てて引き返すのはもったいないよ」
    そんな会話も聞こえてきます。
    わかる。正直つらかった。でも頑張りました。
    40分ほどで「石見銀山遺跡 龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)」に到着です。
    171116-19.jpg

    左の穴が坑道入口で、中を15分ほどめぐります。
    171116-20.jpg
    楽しい!全然怖くありません。(ロープウエーの方が怖い)
    ただここはトロッコもないしマネキンもいない。本当の坑道です。
    雰囲気たっぷりで人も少なく平日に来てよかったなあと思いました。

    帰りは30分ほどで下山。途中「ダンゴ三兄弟」の音楽が流れる茶店でみたらし団子もいただきました。
    すごくおいしかったです。おすすめです。

    171116-21.jpg
    4時のバスを待ちながらバス停で。
    銀山周辺一帯がこんな穏やかな紅葉真っ盛りでした。
    この日の歩行歩数18259歩、11.7km 結構歩きました。
    石見銀山、堪能しました^^


    サンライズエクスプレス・出雲に乗る

    帰宅の高校生をたくさん乗せた山陰本線鈍行で出雲市駅に戻ります。
    5時半ごろ出雲市駅到着。
    ホテルに預けた荷物を受け取り、お土産屋さんを回ったり、
    もう一度軽くお蕎麦をいただいたりして一時間ほどやり過ごします。
    乗車時間は18:51。駅構内のセブンイレブンにて夜食の買い出しを済ませ
    少し早めにホームに向かいました。
    ホームの待合室には10人ほどの人がいます。んっ?少ない?
    それとも直前に皆来るのかなあ。
    171116-32.jpg
    発車5分ほど前に列車が入線してきました。
    ドキドキワクワク♡ ああ、もうすでに嬉しい。

    171116-26.jpg
    私は先頭の7号車、23番。この右のお部屋です。
    驚いたことにこの7号車2階には私を含め3人しかいません。
    日本で唯一になった寝台特急。人気で混んでいると思ったのだけれど。
    平日は個室でもすいているんだ。
    北海道でもそうでしたが、JRのこの閑散具合には本当に心配させられます。
    また来よう。どうぞ廃止はしないでください!

    あまり良い写真が撮れなかったので雑誌からの物をどうぞ。
    171116-33.jpg
    (私の部屋とは左右が逆転しますが)全体像はこんな感じです。

    171116-35.jpg
    二階なので天井まで窓です

    あまり人もいないことだし、他の車両や洗面所を見て回りました。
    171116-28.jpg
    寝台料金なしで乗れる「のびのびカーペット」の車両。
    こちらはグループ客などに大人気なようで、夜中に自動販売機に行った際に通り抜けたら満員御礼状態でした
    カーペット敷きの一畳ほどのスペースはカーテンで仕切れます。
    ライト、小物の置ける棚などもありとても快適そう


    このサンライズエクスプレスは岡山で四国の瀬戸から来た7両と連結し、計14両編成となります。


    さっそく楽な服に着替え(備え付けの浴衣もありますがそれだと落ち着かないので(^^;)
    一人宴会開始です。
    IMG_4135.jpg
    セブンイレブンで購入した宴会用食料
    赤ワインの小瓶 干し梅 微糖チョコレート サラダ チーズケーキ
    缶コーヒーと昼に持ち歩いていた緑茶の残り
    これで十分かと思っていたが、乾燥でのどが渇き、夜中に自動販売機のお水を買いに行った(^^;


    とにかく楽しい。部屋の電気を消して真っ暗にすると街灯や通過駅の明かりで外も良く見えます。
    飲み食いしながら一人興奮状態で窓の外を眺めます。
    何時間見ていても飽きません。上を見れば満天の星空がばっちり見えます。
    セブンイレブンのワインがおいしいことおいしいこと(笑)
    そんな時、なんと流れ星が「ビューン」と!
    おもわず「わあっ」と声が出てしまいました。
    お隣の部屋の人には多分聞こえていたと思います。
    でもそれどころじゃなかったんです。嬉しすぎて。

    12時を過ぎました(なんと5時間近く外を眺めていました)
    寝台車はまだポツポツと駅に停車し、少しづつ客を乗せ続けながら進みます。
    お客様が乗り込んでくるとなんだかホッとします。
    171116-30.jpg
    名残惜しいけれど、もういい加減寝ないと明日起きられない、
    そう思い無理やり寝ることにしました。

    目が覚めたのは5時過ぎくらい。熱海の手前だったと思います。
    既に明るくなりかけ、通り過ぎる駅では早朝出勤の方が普通にホームに並んでいます。
    ああ、終わってしまった。

    171116-23.jpg
    いいことばかりでした。島根県。

    171116-24.jpg
    自分はこの土地と相性がいいのかもしれない、そんなことを感じた二泊三日でした。


     また長々と書いてしまいました。ありがとうございました

     
    業務連絡 ***********
    r様、拍手コメントをありがとうございます!
    出雲はいいところでした^^ ぜひ!




     
    スポンサーサイト
    page top
    出雲一人旅/前編
    こちらの記事はハンドメイドではなく、管理人の旅行記(覚書)になります。
    興味のない方はスルーをお願いいたします m(_ _)m



    はじめに

    先日11月15~17日にかけて島根県の方面へ一人旅に出てきました。
    今回の旅行の主な目的は…
    1・パワースポットといわれる「出雲大社」へ神在り月に行くこと、
    2・世界遺産「石見銀山」の見学、
    3・宍道湖も行きたい。
    4・ツアー以外で乗れる最後の寝台特急「サンライズエクスプレス・出雲」に乗ること です!

    寝台車の切符はきっとなかなか取れないであろうと思い、
    行きの東京発ではなく、帰りの上り出雲市発に乗ることにしました。
    なので行きは羽田から飛行機で出雲縁結び空港まで行くことにします。
    またまた3か月近く前にネットで飛行機のチケットを先得でゲット。
    通常の1/3ほどのお値段で午前中の良い便を取ることが出来ました。
    JRの寝台特急の切符はネットでの購入が叶わないので
    ちょうどひと月前に地元の「緑の窓口」に朝10時前から並び、
    希望の「個室・二階建ての2階」を無事手に入れることが出来ました。
    あとは当日を待つだけ。本当に待ち遠しかったです。


    11月15日(水) 出雲へ

    早朝6時半、家を出て、地元の「羽田行きバス」に乗り込みます。
    我が家から羽田へは1時間15分くらい。
    10:15発の出雲行に乗るのにかなり早く飛行場についてしまいますが、
    それでもたいしてのんびりは出来ず、カフェに寄ってトイレに行ったらもう荷物預けです。
    171115-1.jpg
    この右側の飛行機で出雲へ

    平日のせいか観光客っぽい方は少なく、ビジネス客とみられる方が、
    それも圧倒的にスーツ姿のビジネスマンが多く見られました。
    飛行機は満員御礼。1時間15分ほどで出雲に到着です。
    (家から羽田に行く時間と変わらない…)

    171115-2.jpg
    出雲縁結び空港

    東京より雲が多く、寒波がやって来ているせいで物凄く風が強いです。
    予定していたコートを止め、ウールのしっかりしたコートに切り替えて来て本当に良かった。
    マフラーもやめ、薄手ではあるけれど大判のカシミアストールに替えて来たのも正解でした。
    空港から「JR出雲市駅ゆき」のバスに乗り込み30分。
    黒い立派な瓦屋根のお宅が並び、橙色の柿の実が美しい景色は
    「これぞ日本の正しい秋の風景」という感じでした。
    「JR出雲市駅」の目の前に今日のホテルを取ってあります。
    前回北海道行きの際、東京駅に前乗り宿泊の時も利用させていただいた
    巨大チェーン展開のビジネスホテル。
    ここに先に大きな荷物だけ預かっていただきました。
    (このホテルの立地が何より素晴らしく、一両日本当に便利に使わせていただきました^^)

    「JR出雲市駅」はあの寝台特急サンライズエクスプレスの始発・終着駅だけあり
    一日の発着列車本数自体はそう多くないにもかかわらず、駅構内は素晴らしく充実しています。
    お食事処、カフェが数件、セブンイレブン、かなりの広さの充実したお土産屋さん、
    そしてちょっとしたショッピングロード。
    なんでもここで間に合うなあ、という事を確認して、お昼ご飯をいただいてから
    駅の外のバス乗り場から「出雲大社」に向かいます。
    バスは1時間に1~2本。30分ほどで出雲大社の目の前に到着。
    171115-4.jpg
    ひと目で一般人ではないとわかるかわいい女の子が撮影中でした

    171115-5.jpg
    奥の神殿に向かって下り坂が続きます。とっても珍しい作り。
    ここからさらに10分ほど歩くとの事。
    とてもいい雰囲気なのですが、とにかく風が強くて寒い!
    それでもなんとも穏やかで柔らかい雰囲気の神社だという事はわかります。
    はああ。いいわあ。

    171115-6.jpg
    日本の神話関係の神社というのはゴテゴテ感のない
    サッパリとした作りのところが多い気がします。
    自分としてはとても好ましい^^

    171115-3.jpg
    旧暦10月の今は日本中の神様が(諏訪大社系を除くらしい?)ここで縁結びの会議をするため集まっているらしいですが、その辺の事は自分に関係ないのでいいのどうでもいいのです。
    ただ多くの神様のおかげで「何か良いことが起こるといいなあ」と自分勝手なお願いをしました。


    旧国鉄大社駅見学

    おみくじを引き出雲大社を後にします。
    (ここのおみくじは「大吉」とか「凶」とか、ドキドキするものは書かれていないので安心して引けます)

    171115-7.jpg
    先ほどはバスで通り過ぎてきてしまった長い参道両脇に並ぶお土産屋さんに寄り買い物を楽しみました。
    出雲蕎麦とかお汁粉とか物凄く惹かれましたが、とりあえず後回し。

    一畑電車の駅を見つけ、「そうだ、帰りはバスでなくこれで出雲市駅に戻ればいいんだ」と気づきました。
    171115-8.jpg
    カフェを併設したお洒落な一畑電車の出雲大社前駅。ここからJR出雲市駅にもいけます

    しかしここで大切なものを忘れていた事を思い出しました。
    この近所には昔の「国鉄大社駅」が保存されているはず!
    某鉄ちゃんのブログで読み、絶対見ておかなくてはと思っていたのでした。
    地図を見ると徒歩15~20分くらいで行けるらしい。歩きます!寒いけど!

    171115-19.jpg
    先ほどはバスで通り過ぎていた一の鳥居を歩いて抜け(振り返って撮影)

    171115-18.jpg
    景観に配慮した観光地仕様の目立たない作りのローソンもある

    だいぶ疲れた、寒すぎ、もう帰ろうかなあと思ったころバーンと目の前に現れました。
    重要文化財旧大社駅です。
    171115-9.jpg
    明治45年、国鉄大社線の開通と共に開業。出雲大社の門前町の表玄関として
    平成2年JR大社線廃止まで営業された。
    平成9年島根県重要文化財、平成16年国の重要文化財、平成21年近代産業遺産に認定された


    す、素晴らしい! 美しい! 荘厳! 来てよかった!
    よくここまで昔のまま残してくれました。
    ちょっとマニアックな観光名所だとは思いますが、入れ代わり立ち代わり多くの観光客が訪ねてきています。
    タクシーで乗り付ける方も多数。タクシー代を払っても見る価値はありますね。

    171115-15.jpg
    このまま映画の撮影に使えます。

    171115-12.jpg
    昔の駅事務室。中は休日はカフェになるんだそう。

    171115-13.jpg
    何ともシックで感じの良い照明器具。

    171115-16.jpg
    昔の旅館案内もそのまま。今なん件残っているのでしょうか。

    171115-14.jpg
    改札を抜けホームへ。向こうにはSLが保存されています。

    171115-11.jpg
    もう嬉しすぎて「うわ~~っ」しか声が出てきません。
    ある意味出雲大社よりインパクトがあったかも。
    寒風に耐え歩いてきて本当に良かったです。

    ポツポツ雨が落ちてきました。
    名残は惜しいのですが、一畑電車の駅に戻ります。
    171115-17.jpg
    こちらはこちらでこんなに良いものが駅に展示されています。
    乗ってもOK。

    171115-20.jpg
    この地を訪れる鉄道マニアの方はここも絶対来ているはずです。
    はいからさんのコスプレをして写真を撮りたいと思わせるような作りです。

    なんだかよいものをたくさん見た気がするなあ、と思いながら「BATADEN」で帰路につきます。
    窓の外にはこんなものが…
    171115-21.jpg
    くっきりと虹が出ていました。よく見るとWで架かっていたのです。
    なんだか「出雲に歓迎してもらえたかも」という気になりました。
    5時過ぎにホテルに到着。
    駅構内のセブンイレブンで夕食を買い求め、ホテルで大相撲を観戦しながら食します。
    相撲が気になって外食が出来なかった(←相変わらず)


    後編に続く…


     


    page top
    パッチワークのポーチを出品します♡
    前回お知らせしましたパッチワークのラウンドミニポーチが出来上がりました。
    171123-1.jpg
    こちらの三点です。

    17-161b.jpg
    あずきミルク系

    17-160b.jpg
    ピンク系

    17-162b.jpg
    ブルー系

    今晩9時半ごろ、tetoteさんに出品します。

    色によってそれぞれ表情が違いますね。
    可愛くって、また作ろうと思います。
    茶系とかオレンジ系、パープル系も出来そうですね^^


      
    にほんブログ村 

     ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります m(_ _)m



     

    page top
    パッチワークのラウンドミニポーチ
    先日PCの調子がおかしくなって、大あわてで画像データだけバックアップをしました。
    ただ、何も整理しないままだったので膨大な量になり
    またあせって適当にやったため、いつかすごく困ることになりそう…
    という事で何気なく画像整理を朝から始めて止まらなくなりました。
    もう五時間…まだ終わらない… マメにやっておけばよかったと思うも後の祭り。
    なんだかPCも余計疲れたかもしれません(^^;
    ああ、今日は少しチクチクするはずだったのに、
    もう今更お店を広げる元気がありません…

    今何を手掛けているかというと、
    171120-1.jpg
    3×3の細かいパッチワークでラウンドミニポーチです。
    あずきミルク、ピンク、ブルーの三色。
    接ぎは終わっているのでもうに三日というところでしょうか。
    今週中にはtetoteさんに出品する予定です。

    先週またちょっと山陰の方へ旅行に行ってきました。
    じきにそちらの旅行記(自分の覚書)もUPしようと思います。
    今回は一泊二日+寝台特急の旅ですので、そんなに長々とはしません。
    さらりと仕上げる予定です。
    興味のある方は読んでくださいね~^^
    そんなのばかりでスミマセン m(_ _)m


     
    page top
    パッチワークのクッションカバー
    前回ちらりと予告しましたリバティタナローンのパッチワークのクッションカバーが出来上がりました!

    17-159.jpg
    ピンクがかったパープル系~パープルの柄を集めてみました。

    17-159b.jpg
    女らしいかわいい色目となりました。

    17-159d.jpg
    後ろは「スリーピングローズ」のひもで結ぶ形になっています。

    12時前にはtetoteさんに出品できると思います。
    現在作品紹介中ですので、良かったら覗いてくださいね。

    パッチワークのクッションカバー


      
    にほんブログ村 

     ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります m(_ _)m



     
    page top
    ぶらり奥多摩ドライブの旅
    先週10日の金曜日、思い立って奥多摩方面へ車で行ってきました。
    山の方はすでに紅葉も見ごろらしいし、ドライブに行きたくてうずうずしてましたし
    思い切って奥多摩まで行ってしまおうと9時半に家を出ます。
    あ、ついでにお墓参りも行って来ちゃおうかな、と中央高速の八王子インター下車。
    インターのすぐ近くの「道の駅 八王子滝山」に寄りお花を購入。
    (ここにはいつも新鮮でお手頃価格の地元農家さんの切り花がたくさんあります)
    更にお墓の近所のコンビニでお線香とライターも購入。
    朝ご飯をろくに食べていなかったのでサンドイッチとコーヒーを車の中で食し(笑)
    お墓参りも無事済ませました。この時点で時間はお昼過ぎ。

    さて奥多摩のどこへ行こうか、御岳山のふもとまで行ってケーブルカーに乗るのもいいかな
    という事でナビの行き先は御岳に設定。約40分くらいらしい。
    そんなに早く着くんだー。
    物足りないので思い切って奥多摩湖まで行ってしまうことにしました。
    奥多摩湖は二年前行ったふるさと村まで足を延ばし、そこのレストランで遅いお昼を食べよう!

    八王子から青梅市に入り吉野街道を北上します。
    緑が深くなってきたあたりで右手に「澤乃井 櫛かんざし美術館」を発見!
    忘れてました。ここ前から行きたかったのです。
    ただ遠いなあと思っていつかそのうち…と考えて何年たったのだろう。
    その気になったらすぐ来れるじゃないですか!
    速攻で車を駐車場に入れました。
    171110-2.jpg

    常時400点が展示、また季節ごとに展示される櫛が入れ替わるという
    素晴らしい美術館です。眼福眼福^^
    171110-8.jpg
    自分が江戸時代に生きていて、数本櫛を所持するとしたらどれがいいだろうと真剣に考えました。
    黒漆塗り地にあっさりとした金蒔絵の葉と赤い珊瑚の実の櫛。ステキ。
    やはり黒漆塗り地に可愛らしい小菊がびっしり螺鈿細工で埋め尽くされているのも好き。
    黒塗り地にさらっと草花が描かれ、そこに螺鈿の蝶が一匹。いいわあ。
    どうやら自分は櫛は黒地が好きらしい(^^;
    耳かきの付いた翡翠玉の柄は繊細な銀の彫金細工になっていて、こういうのは絶対欲しい。
    何と贅沢な女の楽しみなのでしょう。妄想は尽きない。
    本もお土産に買ってしまいました。
    こういうものは無駄使いとは言わない(笑)

    171110-1.jpg
    美術館の裏手はすでに渓谷でした。
    ロビーからこんな景色が眺められ、外へ出て降りていくこともできます。

    時間はすでに二時近く。奥多摩は西に山があるので日の入りが早く感じられます。
    早く湖まで行かなくては。
    青梅線に沿って、グネグネ道が奥多摩湖まで伸びています。
    御岳、川合、古里、鳩ノ巣、白丸、奥多摩と風流な駅名地名がつづき
    小河内ダムあたりのトンネル群を通り抜けると左手に突然奥多摩湖が見えてきます。
    ここはまだまだ端っこです。
    道は狭く歩道はありません。ガードレールの先はすぐ湖に落ちる。
    なんだか吸い込まれていきそうで怖いよ~!!
    171110-3.jpg
    突然現れた待避所に車を止め撮影。落ちそうで怖くて一枚しか撮れなかった。ネッシーも出てきそう。

    絶対ハンドル操作を誤れないグネグネ道とトンネルが延々と続き
    もう日が陰りそう…という頃ようやく「ふるさと村」到着です。
    171110-7.jpg
    これでまだ3時

    ここは奥多摩湖の陸続きの中の島のような場所で
    広い駐車場、ビジターセンター、バンガロー、キャンプ場、遊歩道等々
    大人から子供まで楽しめる施設です。
    171110-6.jpg

    思った通り紅葉真っ盛り。
    171110-4.jpg

    レストランで山菜そばをいただきました。
    171110-5.jpg
    レストランにいたお客様が連れていたセントバーナード。この犬種、久しぶりに見たー。

    その後ちょっと散策をして、帰路につきました。
    帰りは渋滞にはまりましたが、高速を通らずにでも3時間かからず
    7時前には帰宅。
    約10時間の充実したドライブ日帰り旅行でした。


    ***

    クッションカバーを作っています。
    ピンクよりの紫~紫系統のパッチワークです。
    171110-9.jpg
    出来上がり次第出品します^^


     

     
    page top
    【ちょっと大きめ】ラミネート隠しマチポーチ
    【ちょっと大きめ】ラミネート隠しマチポーチが6点出来上がりました。
    17-153.jpg 17-155.jpg
    ワイルドフラワーズ                   イルマ

    17-154.jpg 17-156.jpg
    アビー                           クレメンタイン

    17-157.jpg 17-158.jpg
    フェリシテ エメラルドブルー              フェリシテ イエロー

    定番の16cmファスナーの物より一回り大きめで、たくさんコスメ類を持ち歩きたい方にもどうぞ。
    ハンドクリームや化粧品のミニボトル、ミニブラシなども入りますので
    きっと旅行などでも活躍してくれそうです。

    今晩9時半ごろ、久しぶりにtetoteさんに予告販売とさせていただきます。
    ただ今作品紹介中!

    お気に入りがありましたらよろしくお願いいたします^^



    ************* 業務連絡
    m様、拍手コメントをありがとうございました!
    プレゼント企画を楽しみにしていただけて嬉しいです^^ もう少しお待ちくださいね♪


      
    にほんブログ村 

     ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります m(_ _)m



    page top
    プレゼント企画のお知らせ♪
    *BARANEKOYA*の作品をご愛用くださっている皆様、いつも本当にありがとうございます。
    ご愛顧に感謝して、前回作品を購入してくださった皆様を対象にプレゼント企画をしたのはもう一年半以上前になってしまいました。
    「またやります」と言いつつ出来ないまま時間が経ちましたが、
    今回*BARANEKOYA*からのクリスマスプレゼントを兼ねて12月に行いたいと思います。
    その対象作品が一つできました。

    171104-1.jpg
    「ハンドル付まあるいばねポーチ」でございます。
    以前いくつかtetoteさんにも出品しましたが、最近はご無沙汰していたのでここで復活。
    私のお気に入りリバティ「ジョセフィンズガーデンズ」を使いました。

    171104-2.jpg
    口布と内布はC&Sさんオリジナル「やさしいリネン・シャーベットオレンジ」です。
    口金は12cmを使用。パカッと開けたら手が入ります。
    ポケットのついていない帆布のトートバッグの内側などに吊るして使うと
    鍵を入れたりできて小物が迷子にならず便利かもしれません^^

    あと別の作品を2個くらい作ってから詳しく企画を発表するつもりでいますので、もし「これいいな」と思っていただけたらぜひ応募してくださいね♪

    並行して次回のtetoteさんへの出品準備をしています。
    お馴染みになりました16cmファスナーの「ラミネート隠しマチスクエアポーチ」の20cmファスナー版です!
    171104-3.jpg

    私も使っていますが、大き目のチューブものが入るので旅行などにとても便利です。
    嵩張らず、しわにならずでとてもいいと思います^^
    今後は16cm、20cmと両方作って行きます。
    (ラウンドポーチのように)【ちょっと大きめ】のネーミングで行きますね。
    どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



      
    にほんブログ村 

     ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります m(_ _)m





    © BARANEKOYA通信. all rights reserved.
    まとめ
    Page top
    FC2 BLOG